グルコサミン、コンドロイチンなど、毎日のメリハリのない生活から、知識の宝庫であるネットの中に、活を見い出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルコサミン、コンドロイチン

最近、仕事などで、ひざやひじに、痛みが走ります。
何か良い物は無いかと、調べるとありました。グルコサミン、コンドロイチン。

コンドロイチン
1 加齢とともに減少し、関節痛や腰痛など、節々の痛みの原因となります。
2 骨と骨の摩擦を防ぐクッションの役割を果たしています。
3 体内組織に保水性や弾力性を与える作用がある
4 体内に存在する成分なので、副作用の心配はない

5 妊娠中や術後は服用を控える
6 ヒアルロン酸やグルコサミンと同時に摂取した方が相乗効果を発揮し、吸収率も高まります

7 加齢とともに減少し、50代では、ほとんど生産されない。
8 加齢にともなうコンドロイチン不足は、外部からの摂取が必要。



グルコサミン
1 体内に存在する成分であり、若いうちは体内で合成される分だけで事足りますが、
  加齢に伴って生産量が減少すると、関節痛や腰痛、神経痛などの原因となります。
2 クッション材となる軟骨の再生を促す働きがる。
3 膝や腰の痛みを感じ始めたら、グルコサミンを摂取することで痛みを緩和することある。



結果
1 2つを同時摂取すると相乗効果が生まれる。
2 グルコサミンとコンドロイチン、2つの成分を同時に摂取すると、軟骨を保護しつつ、再生を促す。



栄養補助食品(サプリメント)と医薬品の違い
1 
栄養補助食品は、薬じゃなく食品。
2 医薬品は、病気の治療や処置に利用される薬品。

今、グルコサミン、コンドロイチンの栄養補助食品を買い飲んでいます。
思ったより、値段が高く感じられます。


スポンサードリンク

Copyright © 私の稼げるブログ生活 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。