ひな人形を選ぶ、100の種類 など、毎日のメリハリのない生活から、知識の宝庫であるネットの中に、活を見い出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひな人形を選ぶ、100の種類

ひな人形を選ぶ、100の種類

美人になる 資料集一覧


美しく飾る ひな人形


画像付き ひな人形を選ぶ、100の種類 一覧  を、たくさん見る



画像付き ひな人形を選ぶ、100の種類 一覧  を、たくさん見る

  

 
雛祭り、雛人形は、綺麗、美しい、かわいい、ステキの言葉が昔からふさわしいく、
かけがえのない子供や孫への一生のお守り、宝になります。


これから雛人形を買う人のために、雛祭りとは何か。
長く使うものだからこそ、失敗することなく、良いひな人形を買う為、少しだけ勉強しましょう。
雛祭り(ひなまつり)は女子のすこやかな成長を祈る節句です。

雛祭りの歴史
平安時代の京都で、平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として記録がるそうです。
江戸時代では、女子の「節句の儀式」となり、飾られたとされます。

雛人形の服装は、平安時代の皇族・貴族の衣服(服装)です。

雛人形
1段目の2体の、親王(しんのう){男雛(おびな)、女雛(めびな)}は、それぞれ天皇、皇后です。

2段目の3体の、三人官女(さんにんかんじょ)は宮中に仕える女官です。

3段目の5体の、五人囃子(ごにんばやし)は、能のお囃子を奏でる楽人(がくじん)です。

4段目の2体の、随身(ずいじん)は、右大臣と左大臣で、衛士(えじ)です。

5段目の3体の、仕丁(してい)は、従者です。




画像付き ひな人形を選ぶ、100の種類 一覧  を、たくさん見る





 
 
 
今の雛人形と昔の雛人形では大きく違いがあると私は思います。
遠き昔の女の子に、今の雛人形を選ばせたら、どれだけ驚く事でしょうか。
ふと、考えてしまいました。






画像付き ひな人形を選ぶ、100の種類 一覧  を、たくさん見る


スポンサードリンク

Copyright © 私の稼げるブログ生活 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。